ロシア(そして中国)から愛をこめて?英国国家サイバーセキュリティセンターの年次レビュー

According to the NCSC Annual Review, China remained a highly sophisticated actor in cyberspace with increasing ambition to project its influence beyond its borders and a proven interest in the UK’s commercial secrets. How China evolves in the next decade will probably be the single biggest driver of the UK’s future cyber security.

en flag
nl flag
et flag
fi flag
fr flag
de flag
he flag
ja flag
lv flag
pl flag
pt flag
ru flag
es flag

編集者注:ComplexDiscoveryでは、サイバー、データ、法的証拠開示プロバイダー、調査機関、ComplexDiscoveryコミュニティメンバーによる公的に入手可能な発表、コンテンツの更新、調査を随時取り上げています。ComplexDiscovery はこの情報を定期的に強調しますが、コンテンツアサーションについて一切の責任を負いません。

ComplexDiscoveryのサイバー、データ、法的証拠開示中心のサービス、製品、またはリサーチに関する発表への検討と掲載に関する推奨事項を提出するには、今すぐお問い合わせください。

NCSCからの年次報告書*

背景情報:GCHQ の一部である国立サイバーセキュリティセンター (NCSC) は、英国のサイバーセキュリティの技術機関です。NCSCは、政府の国家サイバーセキュリティ戦略の一環として2016年に設立されて以来、英国がオンラインで生活し、仕事をするのに最も安全な場所となるよう努めてきました。

5年目のこのレビューでは、2020年9月1日から2021年8月31日までの主な進展とハイライトのいくつかを見ていきましょう。国家安全保障局の一員として、そのすべての作業を公に開示できるわけではありませんが、このレビューでは、組織内外の同僚からの洞察と事実で年を説明しようとしています。

国立サイバーセキュリティセンター年次レビュー2021

レポートからの抜粋:グローバル脅威アクター

NCSCは、ロシアと中国から発せられるこれらの中で最も一貫性のある共通の脅威を検出し、破壊するために、グローバルパートナーとの協業を続けました。ロシア国家による直接的なサイバーセキュリティの脅威に加えて、西側の標的に対してランサムウェア攻撃を仕掛ける組織犯罪集団の多くがロシアに拠点を置いていることが明らかになりました。

中国はサイバースペースで高度に洗練された俳優であり続け、国境を越えてその影響力を投影するという野心が高まり、英国の商業秘密への関心が証明されました。今後10年間で中国がどのように進化するかは、おそらく英国の将来のサイバーセキュリティの最大の推進力となるでしょう。

イランと北朝鮮は、ロシアや中国ほど洗練されていませんが、盗難や妨害など、目的を達成するためにデジタル侵入を使い続けました。

レポートから抽出:ランサムウェア

ランサムウェアは今年、英国が直面する最も重要なサイバー脅威となりました。重要なサービスや重要な国家インフラに対する攻撃の成功の影響の可能性が高いため、国が後援するスパイ活動と同様に潜在的に有害であると評価されました。

2020年、NCSCは、被害者のネットワークを暗号化する前に犯罪者がデータを盗み出すという進化するモデルを観察しました。身代金が支払われない限り、漏洩すると脅迫したデータ(二重恐喝と呼ばれます)。

ランサムウェアは、東海岸に燃料を供給した米国のコロニアルパイプラインへの攻撃や、アイルランドの保健サービスエグゼクティブに対する攻撃を受けて、世間の注目を集めました。英国では、ランサムウェア攻撃の規模と重大度が増加しています。ハックニー自治区議会はサービスに重大な混乱を被り、ITシステムが数か月間ダウンし、自治区内の不動産購入が遅れました。.今年の攻撃は、教育、地方自治体、保健セクターの企業、慈善団体、法律専門家、公共サービスを標的とした、経済全体で行われました。

調査された他のランサムウェアインシデントの中には、アメリカのソフトウェア会社Kaseyaに対する大規模な攻撃がありました。7月、フロリダに本拠を置く会社がハッキンググループに潜入した後、NCSCは英国の犠牲者の特定と支援を支援しました。ハッキンググループは、データの山を奪い、その返還のために7000万ドル(£51.5m)の暗号通貨を要求しました。NCSCは、コーンウォールで開催されたG7世界首脳会議で議論されたランサムウェアへの国際的な取り組みを歓迎し、協調的な多国間の注意の必要性を強調した。

レポートの [脅威] セクションにアクセスします。

レポートの全NCSCオンラインプレゼンテーションにアクセスします。

完全なレポートを読む:NCSC年次レビュー2021(PDF)-マウスオーバーしてスクロール

NCSC年次レビュー2021

元のレポートを読んでください。

*許可を得て共有。

追加読書

経済的なインパクト?サイバー保険がインシデント対応をどのように形作るか

サイバーディスカバリーの定義は?定義とフレームワーク

ソース:コンプレックスディスカバリー

ロシア(そして中国)から愛をこめて?英国国家サイバーセキュリティセンターの年次レビュー

According to the NCSC Annual Review, China remained a highly sophisticated...

新しい連邦政府サイバーセキュリティインシデントと脆弱性対応プレイブック

According to Matt Hartman, Deputy Executive Assistant Director for Cybersecurity, "The...

サイバー犯罪の急増?ENISA 脅威ランドスケープ年次報告書 — 第9版

According to EU Agency for Cybersecurity Executive Director Juhan Lepassaar, “Given...

ゼロトラストを検討していますか?2021年11月NATO CCDOEからのサイバーイベントレポート

Computer security professionals love to say that there is no such...

強い滑走路?新規株式公開用の KLDiscovery ファイル

On Tuesday, November 23, 2021, KLDiscovery took a strong step toward...

モーダス、JPモルガンから運転資本ファシリティを確保

According to Steven Horan, Chairman, and CEO of Modus, “Having the...

主導的で革新的なディスカバリー・マージ

According to the announcement, Silver Oak Services Partners, a private equity...

Smarsh、マイクロフォーカスからデジタルセーフ製品ラインを取得

According to Smarsh CEO Brian Cramer, “Solving the sophisticated archiving, compliance...

電子情報開示の市場規模マッシュアップ:2021-2026 ワールドワイドソフトウェアとサービスの概要

From market retraction in 2020 to resurgence in 2021, the worldwide...

A New Era in eDiscovery? Framing Market Growth Through the Lens of Six Eras

There are many excellent resources for considering chronological and historiographical approaches...

An eDiscovery Market Size Mashup: 2020-2025 Worldwide Software and Services Overview

While the Compound Annual Growth Rate (CAGR) for worldwide eDiscovery software...

Resetting the Baseline? eDiscovery Market Size Adjustments for 2020

An unanticipated pandemeconomic-driven retraction in eDiscovery spending during 2020 has resulted...

2021年11月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの優れた読み物

From worldwide eDiscovery market sizing and discovery intelligence to cybersecurity playbooks...

2021 年 10 月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する五大読み取り

From artificial intelligence and predictive coding to eDiscovery business confidence and...

2021 年 9 月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する五大読み取り

From countering ransomware to predictive coding and packaged services, the September...

2021年8月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの大読み

From the interplay of digital forensics in eDiscovery to collecting online...

嵐の前に落ち着いて?2021年秋におけるeDiscoveryのビジネス信頼性に関する18の観察

In the fall of 2021, 71.2% of survey respondents felt that...

ヘルプ募集?電子情報開示のビジネスパフォーマンスに影響を与える問題:2021年秋の概要

In the fall of 2021, 27.4% of respondents viewed lack of...

収穫時期?2021 年秋の電子情報開示の運用メトリック

In the fall of 2021, 67 eDiscovery Business Confidence Survey participants...

季節外れ暑い?2021年秋の電子情報開示ビジネス信頼感調査結果

Since January 2016, 2,595 individual responses to twenty-four quarterly eDiscovery Business...