Nuix、自然言語処理会社を買収

According to Nuix CEO Rod Vawdrey, “Topos will strengthen Nuix’s product offering by helping customers get to relevant data even faster. The potential for user-friendly dashboards and for users to easily customise the software to their specific needs also reflects Nuix’s focus on empowering our customers to search through unstructured data at speed and scale. We look forward to Christopher Stephenson [Topos CEO] and his talented team joining Nuix.”

en flag
nl flag
et flag
fi flag
fr flag
de flag
he flag
ja flag
lv flag
pl flag
pt flag
ru flag
es flag

編集者注:ComplexDiscoveryは、公開または非公開で購入可能な発表、コンテンツの更新、およびサイバー、データ、法的証拠開示プロバイダー、研究組織、およびcomplexDiscoveryコミュニティメンバーからの調査を随時ハイライトします。complexDiscovery は定期的にこの情報を強調しますが、コンテンツアサーションについては一切責任を負いません。

ComplexDiscoveryのサイバー、データ、法的証拠開示を中心としたサービス、製品、または調査に関する発表を検討し、組み込むための推奨事項を提出するには、今すぐお問い合わせください。

プレス発表

Nuix、自然言語処理会社を買収

グローバルソフトウェア企業であるNuix Limited (Nuix; ASX: NXL) は本日 [2021年9月13日]、コンピュータシステムがテキストや話し言葉をよりよく理解するのに役立つ自然言語処理 (NLP) ソフトウェアの開発者であるTopos Labs, Inc. (Topos) の全株式を取得する契約を締結したことを発表しましたスピードとスケール。

Topos(トポス)はボストンに本社を置くソフトウェア会社である。人工知能(AI)主導のNLPプラットフォームは、関連性の高いコンテンツやリスクのあるコンテンツをすばやく表示することで、データレビュアーとアナリストの作業負荷を軽減するように設計されています。同社の使命は、プロアクティブなリスク管理と規制遵守のために、リスク指向のコンテンツインテリジェンスをお客様に提供することです。

Toposの初期段階のプラットフォームは、ドキュメント、電子通信、ソーシャルメディア内の複雑なコンテンツの正確な分析と分類を自動化することができます。NLP モデルは、コードなしのユーザーインターフェイスを介してビジネスユーザーが直接定義できるため、組織のデータのリスクを特定するために必要な時間を短縮できます。また、Topos は、機密コンテンツ、機密コンテンツ、規制対象コンテンツのリスク評価を、ユーザーフレンドリーなダッシュボードに表示することもできます。

Toposチームを歓迎し、開発のこの段階でNLP機能を統合することにより、Nuixは調査、eDiscovery、GRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の顧客に利益をもたらすようにテクノロジーを最適化し、Nuixエンジンの非構造化データ処理能力をさらに強化することができます。

Nuixエンジニアリングの創設者でチーフサイエンティストのDavid Sitskyは、「トポスの買収は、Nuixの旅におけるエキサイティングな進化です。膨大な量の非構造化データを処理するNuixエンジンの能力と、Toposの次世代NLP機能を統合することは、Nuixの製品ポートフォリオにとって大きな変化となるでしょう。」

2021年9月の決算を見込んで、トポスの上級管理職のメンバーを含むトポスチームがNuixに加わります。クロージングは、慣習的なクロージング条件の満足または放棄の対象となります。

NuixのCEOであるRod Vawdrey氏は、「Toposは、顧客が関連データにさらに迅速に入手できるようにすることで、Nuixの製品提供を強化します。ユーザーフレンドリーなダッシュボードや、ユーザーが特定のニーズに合わせてソフトウェアを簡単にカスタマイズできる可能性も、Nuixのお客様が高速かつ大規模に非構造化データを検索できるようにすることに重点を置いていることが反映されています。クリストファー・スティーブンソン(Topos CEO)と彼の才能あるチームがNuixに加わることを楽しみにしています。」

トポスのCEOクリストファー・スティーブンソンは、「私たちはNuixに参加することを嬉しく思い、革新的なNLPプラットフォームとNuixプラットフォームを組み合わせることに興奮しています。有能なエンジニアリングおよび製品チームとともに、Nuixの強力な処理能力をさらに強化し、調査分析およびインテリジェンスソフトウェアのグローバルリーダーの一員になるために、Toposを展開することを楽しみにしています。」

買収の初期費用は決算時に500万米ドルであり、トポスの株式の売主に支払うべき1850万米ドルの現金と、30ヶ月間に最大150万米ドルの業績権が支払われる2,000万米ドルになる可能性があります。1. 業績権はNuixに加入し、クロージングからパフォーマンス権の転換時までの期間中、Nuixにサービスを提供し続ける特定の Topos チームメンバー。

追加の現金対価は支払われるのみであり、業績権は、収益、スタッフの定着および製品開発のマイルストーンの達成時にのみ普通株式に変換されます2。各マイルストーンは、AI駆動型NLPプラットフォームのさらなる開発とその成功に直接関係します。Nuix 環境への統合。

Nuixは、Nuixグループの通常の事業によって生み出された金額から現金対価を支払う予定です。

この発表は Nuix の理事会によって承認されています。

1業績権は、マイルストーン分割の価値を、提案された発行日前のNuix株式の5日間のVWAPまたは財務決算前のNuix株式の20日VWAPのいずれか大きい方で割った値を参照して決定される普通株式数に変換されます。Nuixは、代わりに現金で変換権を満たすことを選ぶ場合があります。すべてのマイルストーンが達成された場合、発行可能な普通株式の最大数は、決算前のNuix普通株式の20日間のVWAPおよび150万米ドル(普通株式発行時の実勢為替レートでAUD$に換算)を参照して決定されます。業績権の保有者に発行された普通株式は、発行日から12ヶ月間、自主的にエスクローされます。

2マイルストーンが達成されたかどうかの評価は、終了後に毎年行われます。マイルストーンが満たされない場合、その達成に関連する現金分割払いは支払われず、適用されるパフォーマンス権のトランシェは失効します。

元のアナウンスを読んでください。

追加読書

電子情報開示の市場規模マッシュアップ:2020-2025 ワールドワイドソフトウェアおよびサービスの概要

サイバーディスカバリーを定義する?定義とフレームワーク

ソース:complexDiscovery

米国財務省、ランサムウェア対策措置を講じること

According to Treasury Secretary Janet L. Yellen, “Ransomware and cyber-attacks are...

NATO協同組合サイバー防衛センター・オブ・エクセレンス(CCDCOE):2021年9月サイバーイベントレポート

The twelfth installment in the cyber events series published by the...

[Legal Education Webcast] Breaches, Responses, and Challenges: Cybersecurity Essentials That Every Lawyer Should Know

Every large corporation and organization today face the significant threat of...

ランサムウェアの分類?ファイル削除とファイル暗号化攻撃構造に基づくランサムウェア分類フレームワーク

This paper evaluates attack methodologies of a ransomware attack: the underlying...

ミトラテックがAlyneを買収

According to Mike Williams, CEO of Mitratech, "The combination of Alyne...

マグネット・フォレンジック、DME フォレンジックを買収

According to the announcement, under the terms of the agreement, Magnet...

Consilio、Adeccoから法律コンサルティングおよびeDiscoveryビジネスユニットを特別顧問として取得

According to Laurie Chamberlin, Head of Professional Recruitment and Solutions North...

Nuix、自然言語処理会社を買収

According to Nuix CEO Rod Vawdrey, “Topos will strengthen Nuix’s product...

A New Era in eDiscovery? Framing Market Growth Through the Lens of Six Eras

There are many excellent resources for considering chronological and historiographical approaches...

An eDiscovery Market Size Mashup: 2020-2025 Worldwide Software and Services Overview

While the Compound Annual Growth Rate (CAGR) for worldwide eDiscovery software...

Resetting the Baseline? eDiscovery Market Size Adjustments for 2020

An unanticipated pandemeconomic-driven retraction in eDiscovery spending during 2020 has resulted...

Home or Away? New eDiscovery Collection Market Sizing and Pricing Considerations

One of the key home (onsite) or away (remote) decisions that...

2021 年 9 月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する五大読み取り

From countering ransomware to predictive coding and packaged services, the September...

2021年8月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの大読み

From the interplay of digital forensics in eDiscovery to collecting online...

2021年7月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの大読み

From considerations for cyber insurance and malware to eDiscovery business confidence...

2021年6月の電子情報開示に関する5つの大読み

From remediating cyberattacks to eDiscovery pricing, the June 2021 edition of...

キーパーが増えるの?予測符号化技術とプロトコル調査 — 2021年秋の実績

From the most prevalent predictive coding platforms to the least commonly...

光る期待?2021年の夏の電子情報開示ビジネス信頼度に関する18の観察

In the summer of 2021, 63.3% of survey respondents felt that...

電子情報開示のビジネスパフォーマンスに影響を与える問題:2021年夏の概要

In the summer of 2021, 24.4% of respondents viewed increasing types...

見上げて?2021 年の夏の電子情報開示の運用メトリック

In the summer of 2021, 80 eDiscovery Business Confidence Survey participants...