Everlaw が AWS GovCloud (米国) に移動

According to Kevin Babcock, Director of Security Engineering at Everlaw, “Providing a fast, highly secure and modern collaboration solution that meets the critical needs of government agencies is of the utmost importance to us. Our move to AWS GovCloud (US) allows our federal clients to confidently use our solution, knowing that their information is protected by the highest cloud security standards.”

en flag
nl flag
et flag
fi flag
fr flag
de flag
he flag
ja flag
lv flag
pl flag
pt flag
ru flag
es flag

編集者注:ComplexDiscoveryは、公開または非公開で購入可能な発表、コンテンツの更新、およびサイバー、データ、法的証拠開示プロバイダー、研究組織、およびcomplexDiscoveryコミュニティメンバーからの調査を随時ハイライトします。complexDiscovery は定期的にこの情報を強調しますが、コンテンツアサーションについては一切責任を負いません。

ComplexDiscoveryのサイバー、データ、法的証拠開示を中心としたサービス、製品、または調査に関する発表を検討し、組み込むための推奨事項を提出するには、今すぐお問い合わせください。

プレス発表

Everlaw が AWS GovCloud (米国) に移り、連邦政府のクライアントにさらに高いセキュリティを提供

Everlaw のクラウドネイティブな電子情報開示プラットフォームは、機密情報を保護するためのセキュリティレイヤーを追加します

Everlaw は本日、FedRAMP 認定連邦 SaaS プラットフォームのアマゾンウェブサービス(AWS)GovCloud(米国)への移行を発表しました。このプラットフォームは、これらの厳しい米国政府のセキュリティ要件を満たす最初のクラウドネイティブ電子情報開化、コラボレーション、およびドキュメントレビューソリューションの 1 つになりました。昨年FedRAMP Authorizationを達成したEverlawのプラットフォームは、すでに米国政府機関が連邦捜査および訴訟に使用している数少ないエリートテクノロジープロバイダーの1つです。現在、AWS GovCloud (米国) では、Everlaw は最先端の高速ソリューションの整合性を維持しながら、政府機関で最も機密性の高い情報をサイバーセキュリティの脅威から保護できるようになりました。

Everlawのセキュリティエンジニアリング担当ディレクター、Kevin Babcockは次のように述べています。「政府機関の重要なニーズを満たす高速で安全性の高い最新のコラボレーションソリューションを提供することは、私たちにとって最も重要なことです。「AWS GovCloud (米国) への移行により、連邦政府のクライアントは、自社の情報が最高のクラウドセキュリティ基準によって保護されていることを知り、自信を持って当社のソリューションを使用することができます。」

AWS GovCloud (米国) への移行により、連邦政府のクライアントに対するクラス最高のサービスと安全性に対する Everlaw の取り組みが強調されています。AWS GovCloud (米国) により、Everlaw は連邦政府の輸出管理、コンプライアンス、機密性の高いデータの保管をより適切にサポートできます。さらに、アマゾンリージョンは、Everlawのプラットフォームと同様に、米国市民によって独占的に運営されており、同社はNOFORN(外国籍ではない)の要件を持つ政府機関にサービスを提供することができます。Everlawはデータセンターのセキュリティに関するISO/IEC 27001:2013 認証も達成しており、プライバシー、セキュリティ、機密性、可用性においてSOC 2 Type 2認証を取得している。また、Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) と一般データを支援する自主的な独立監査も完了している。保護規則 (GDPR) への準拠。

Everlawの共同プラットフォームにより、連邦チームは情報を発見、照らし出し、それに基づいて行動し、内部調査をより適切に推進し、訴訟、議会の公聴会、内部および規制調査の結果にプラスの影響を与えることができます。歴史的に、連邦チームは時代遅れのクライアントサーバーソフトウェアと高価なサードパーティサービスプロバイダに依存しなければなりませんでした。しかし、Everlawは、速度、セキュリティ、使いやすさを1つのソリューションに統合し、メンテナンスや外部の技術スタッフなしで社内で利用できます。Everlawのユニークな機能は、0365統合、一括編集、検索可能なPDF、A/Vトランスクリプション、データビジュアライゼーション、外国語翻訳、クラスタリング、インスタント検索、プラットフォーム内共有、追加機能など、真実をより迅速に発見し、結果をより明確に提示するのに役立ちます。4週間ごとにリリースされた。

エバーローについて

Everlawは、最先端のテクノロジーとモダンなデザインを融合させて、政府機関、法律事務所、および企業が法律業界で最も困難な問題を解決するのを支援します。エバーローは、フォーチュン100のコーポレートカウンセルやヒルトンやディックススポーツグッズなどの家庭ブランド、AM法100のうち76件、および50人の米国州司法長官全員が使用しています。カリフォルニア州オークランドに拠点を置くEverlawは、CapitalG、Menlo Ventures、Andreessen Horowitz、およびK9ベンチャーズを含む一流の投資家によって資金を供給されています。

詳細はこちらをご覧ください。

元のアナウンスを読んでください。

追加読書

電子情報開示の市場規模マッシュアップ:2020-2025 ワールドワイドソフトウェアおよびサービスの概要

サイバーディスカバリーを定義する?定義とフレームワーク

ソース:complexDiscovery

米国財務省、ランサムウェア対策措置を講じること

According to Treasury Secretary Janet L. Yellen, “Ransomware and cyber-attacks are...

NATO協同組合サイバー防衛センター・オブ・エクセレンス(CCDCOE):2021年9月サイバーイベントレポート

The twelfth installment in the cyber events series published by the...

[Legal Education Webcast] Breaches, Responses, and Challenges: Cybersecurity Essentials That Every Lawyer Should Know

Every large corporation and organization today face the significant threat of...

ランサムウェアの分類?ファイル削除とファイル暗号化攻撃構造に基づくランサムウェア分類フレームワーク

This paper evaluates attack methodologies of a ransomware attack: the underlying...

ミトラテックがAlyneを買収

According to Mike Williams, CEO of Mitratech, "The combination of Alyne...

マグネット・フォレンジック、DME フォレンジックを買収

According to the announcement, under the terms of the agreement, Magnet...

Consilio、Adeccoから法律コンサルティングおよびeDiscoveryビジネスユニットを特別顧問として取得

According to Laurie Chamberlin, Head of Professional Recruitment and Solutions North...

Nuix、自然言語処理会社を買収

According to Nuix CEO Rod Vawdrey, “Topos will strengthen Nuix’s product...

A New Era in eDiscovery? Framing Market Growth Through the Lens of Six Eras

There are many excellent resources for considering chronological and historiographical approaches...

An eDiscovery Market Size Mashup: 2020-2025 Worldwide Software and Services Overview

While the Compound Annual Growth Rate (CAGR) for worldwide eDiscovery software...

Resetting the Baseline? eDiscovery Market Size Adjustments for 2020

An unanticipated pandemeconomic-driven retraction in eDiscovery spending during 2020 has resulted...

Home or Away? New eDiscovery Collection Market Sizing and Pricing Considerations

One of the key home (onsite) or away (remote) decisions that...

2021 年 9 月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する五大読み取り

From countering ransomware to predictive coding and packaged services, the September...

2021年8月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの大読み

From the interplay of digital forensics in eDiscovery to collecting online...

2021年7月のサイバー、データ、法的証拠開示に関する5つの大読み

From considerations for cyber insurance and malware to eDiscovery business confidence...

2021年6月の電子情報開示に関する5つの大読み

From remediating cyberattacks to eDiscovery pricing, the June 2021 edition of...

キーパーが増えるの?予測符号化技術とプロトコル調査 — 2021年秋の実績

From the most prevalent predictive coding platforms to the least commonly...

光る期待?2021年の夏の電子情報開示ビジネス信頼度に関する18の観察

In the summer of 2021, 63.3% of survey respondents felt that...

電子情報開示のビジネスパフォーマンスに影響を与える問題:2021年夏の概要

In the summer of 2021, 24.4% of respondents viewed increasing types...

見上げて?2021 年の夏の電子情報開示の運用メトリック

In the summer of 2021, 80 eDiscovery Business Confidence Survey participants...